FC2ブログ

Content

        

1910年代 N型オノト フルレストア Nr.2

2023/08/27

                 

ニブとペン芯を首軸に入れてヒートガンで温めペン芯がニブに付く様に調整を追い込んで行きます。

171748.png
171847.png
171953.png

調整が終わったら、両ベロ・タイプの欠点であるインクが脈打つように不安定になるのを防ぐ為の空気塞ぎの対策で真鍮シムをカットして隙間を埋めます。

172511.png

真鍮シムをペン芯に抱き合わせながら一緒に奥まで挿入です。

172758.png

次にキャップや胴軸、尻軸、首軸のエボナイトの黒色戻しです。
或るモノを振り掛け、次に熱湯3分。完全では有りませんがエボナイトらしい黒色に戻ります。最後に金磨きクロスで仕上げます。

172154.png

尻軸部にもロッドと固定する為のエボナイトのピンを挿入します。最終仕上げが済んだら長さを合わせてカットします。

172324.png
この個体はオヘソが有ります(^^;;
172414.png

組み上げて、水で試筆して問題が無ければインクを入れて試筆。
完成です。

172100.png

試筆して微調整、完成です。

IMG_0512.jpg


FIN










関連記事

                         
                         

コメント